ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

祭り情報

祭りの語源



英語で「祭り」といえばfestival、fairなどといった単語で表現され、日本で行なわれるようになった新しい祭りやイベントでも○○フェスティバル、と名付けられているものが多いです。日本でこのfestivalを「祭り」と読んでいますが、なぜそう呼ばれるようになったかについてはさまざまな説が残されています。

まつるとは?

まつるとは?

祭りは「まつる」という言葉の名詞形ですが、神事に関係する言葉で「まつる」という読みをする日本語、「祀る」・「奉る」・「献る」といった言葉などいくつかあります。

このうち「奉る」「献る」という言葉は「誰かにものをさしあげる、献上する」という意味を持つのに対し、「祀る」という言葉は「催事などを行なって神の魂を鎮め、祈り感謝する」などの意味合いを持ちます。神様や祖先の霊を崇め供養する「祭祀(さいし)」という言葉もあるように、この中で「祀る」は「祭り」により近い言葉だといえます。

一方で「奉る・献る」の方はより具体的な響きを持ちますが、貴族や神様までも含んだ目上の人に対して"何かをさしあげる・たてまつる"というという意味を持つため、神様に何かをもたらす、という点では祭祀と同様の意味を持ちます。

結論として「まつる」という読みをする言葉は、ニュアンスの違いこそありますが、本質的にはそれほど変わらないものが多く、この中のどれかが「祭り」の語源になったというよりも、もともとはものごとを献上する際に使われていた「まつり」という言葉が派生して、それぞれ細かい意味を持つようになったようです。

まつ、まつろう、まいる

まつ、まつろう、まいる

献上することが祭りの語源である説の他に、まったく別の単語が「まつり」になっていったという説も多々あります。「待つ」・「順(まつろ)う」・「参る」といった言葉で、一見それぞれ違った意味の言葉が並んでいますが、これらは神の霊を下ろすことを目的とした古来の祭事・神事においてはほぼ共通する意味で用いられていました。

「待つ」はそのまま神が地上に降りてくるのを待つ、儀式の最中神がその場にいる間はそこで待っている、という意味を持ちます。次に「順う」ですがこれは服従する、付き従うという意味であり、神事の最中は"ずっと神に従い、奉仕する"という意味を持ちます。最後に「参る」ですが、これも二者同様神の側にいる、祭りに参加するという意味を持ちます。つまり、これら三つの言葉は全て祭りにおいて、「神事が行なわれている間はそばにいて、神様に奉仕する」といった意味合いを持つのです。これらの言葉が意味するとおり、祭りとはこの「まつ、まつろう、まいる」といった言葉が変化したもの、そして複数の意味合いを内包するとも考えられます。

神様への言葉

神様への言葉

語源については諸説あり、そのどれが正しいものであるかはハッキリとしませんが、そのどれもが神様へ身を差し出して何かをしようとする、という意味を持っています。仮にどれかの言葉が語源であっても、その神様への気持ちが由来の言葉であることに違いはありません。日本各地では古いものから新しいものまでさまざまな祭りが行なわれていますが、その開催理由だけでなく、名前にも神様への感謝の気持ちが込められていることを忘れないようにしましょう。