ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

祭り情報

祭りと神道の関係



祭りとは神様に捧げるためのものとして行なわれてきましたが、日本でその対象の「神様」といえば、唯一の神ではなく、森羅万象における「八百万の神様」たちでした。私たちの生活の中に宿っている身近な神様たちを崇め信仰するものが「神道」であり、日本の祭りと密接な関係を持つ宗教なのです。

八百万の神々

八百万の神々

日本は古来より唯一神を信仰するのではなく、山や大木、太陽や雷といった自然の大きな力をもつもの、家の中の使い古された家具、猫や動物に至るまでありとあらゆるものに神性を見出し、それら全てに神様・神霊が宿るのだという信仰を持っていました。次第にそれら神々をまつるために社が建てられ、繁栄や平和を祈り感謝の言葉を伝えるために「祭り」が行なわれるようになりました。全てのものに魂(神霊)が宿るという霊的信仰の一面もそこには見受けられ、人々は祭りの際には神様が巫女などに憑依して授けてくれるご神託を強く待ち望んでいたといいます。

同時に農民たちの間では、一番近くにいて自分たちの土地を守ってくれる「土地神」「氏神」への信仰、武家の間ではご先祖様たちの御霊も神として扱う祖先信仰なども盛んになり、それらが交じり合って日本独自の神道が成立していきました。神道はその性質ゆえ教義的な教えや聖典といったバイブルのようなものはありませんが、「古事記」や「日本書紀」などで描かれている神話に登場する神々たちによって、その生き方や在り方を我々に示してくれています。その特徴には自然と人間とが共に生きていかねばならず、地縁・血縁で結ばれた共同体を守らねばならないという意識が強く、祭りに登場してはその教えと神徳を授けてくれていました。

仏教との出会い

仏教との出会い

神道は日本人の間に浸透し、生きていく上で大事な価値観を教えてくれていましたが、6世紀頃に仏教が伝来するとともにまたその様相を変化させます。初めは独立して別々に信仰されていた両宗教でしたが、しだいに神仏は本来同じものであるとする「神仏習合」の思想が広まり、庶民たちの間で神様も仏様も両方信仰する、という新たな信仰形態が広がっていきました。神社内に「神宮寺」という仏堂が建てられ(逆のパターンもあり)、京都の祇園祭をはじめとして祭りの中で仏教行事が行なわれることも多くありました。

そのように変わった形で伝わっていた神道でしたが、明治時代になると政府により「神仏分離・廃仏毀釈」の命が出され、神道は仏教と分離し「国家神道」として国民の間に布教されることとなりました。しかし第二次世界大戦終了時に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって廃止され、仏教と同様再び独立した宗教となり、今に至ることになります。仏教との明確な混合はなくなりましたが、混淆時代の宗教観は人々や神社の間に強く残り、習慣や年中行事にはそういった二者の影響が見受けられるものが多々存在しています。

神道と祭り

神道と祭り

生まれて以来かなり奇妙な道を歩んできた神道ですが、神様を通して伝えてくれた大事な価値観は、日本人の間に変わらず息づいています。混合や時代の変化によって形を変えたものも多々ありますが、神道の八百万の神々を祀るために始まった日本の祭りは、今もこれからも日本人の間で受け継がれています。「神道」は日本人の祭り文化にとって、父親ともいえる存在なのです。