ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

祭り情報

神を祀る祭り



「お祭り」と一口に言っても、その目的によって種類もさまざまです。神様に感謝し一年の豊作を祈るお祭り、地方の民俗行事から発展し一大行事となった祭り、地域独特の文化を周りにアピールし地元を活性化させようとする祭りもあれば、世界には日本にはあまり馴染みのない祭りも多数あります。そんな中でも神道の神様への祈りに基づいた、神社で行われるお祭りの種類について紹介します。

三つの祭式

三つの祭式

神社で行なわれている祭りの形式は、その目的や規模によって三種類に分けられており、それぞれ大祭・中祭・小祭と呼ばれています。これは日本の神社を包括した神社本庁の「神社祭祀規程」によって決められており、「例祭」、「祈年祭」、「新嘗祭(にいなめさい)」、「式年祭」、「鎮座祭」、「遷座祭(せんざさい)」、「合祀祭(ごうしさい)」、「分祀祭(ぶんしさい)」、その他神社に特別の由緒ある祭祀を大祭と分類します。それに連なって「歳旦祭」、「元始祭」、「紀元祭」、「天長祭(てんちょうさい)」、「神嘗祭(かんなめさい)」、「明治祭」、その他祭祀及び神社に由緒ある祭祀を中祭、そしてそれ以外の祭りは小祭として、それぞれ分類されています。

文字通り大規模な、大祭

文字通り大規模な、大祭

「例祭(例大祭)」は神社の祭りの中で最も重要かつ大々的なものであり、年に一回その神社が祀る御祭神や神社そのものの縁日に行なわれています。名称にはその神社の名前の他、日枝神社山王祭浅草神社三社祭など通称名が設けられているものも多く、神輿渡御(みこしとぎょ)や神楽(かぐら)などで大いに賑わいます。一方で毎年ではなく何年かの周期で開かれるものを「式年祭」といい、時間をかける分例祭よりも大規模なものがみられます。

2月と11月に行なわれる「祈年祭」と「新嘗祭」は共に豊穣を祈る祭りですが、前者は年のはじめに今年一年が実りあるものとなるようお祈りする祭り、後者が秋の収穫物を神様に捧げ、一年の豊穣を感謝するという祭りです。「嘗める」という漢字の通り神に捧げたものを自分たちもいただくのですが、これを行なわないものを中祭における「神嘗祭」と呼びます。

「鎮座祭」、「遷座祭(遷宮祭)」は神社の社殿を新設・改築したりしたとき、旧殿から新殿へご神体を移さねばならないときに行なわれる祭りで、神様の魂を鎮めお引越しをしてもらうためのものです。「合祀祭」は、神社で複数の御祭神を祀ること、もしくは一つの御祭神を複数の神社で祀る「合祀」の際に行なわれる祭りで、「分祀祭」は逆に御祭神が分かれるときに行なわれます。

中祭・小祭

中祭・小祭

「歳旦祭」は元旦祭とも呼ばれ、その名の通り1月1日に新年を祝い、年神様を迎え感謝するものです。「元始祭」は同じく年の初めの1月3日に行なわれるもので、天皇(皇室)という国の礎の繁栄を願い、それによって国全体の安寧と発展を願う、歳旦祭とともに新年のお祝いをする祭りです。

「紀元祭」、「天長祭」、「明治祭」はそれぞれ戦前「紀元節、天長節、明治節」と呼ばれ、現在の「建国記念日」、「天皇誕生日」、「文化の日(明治天皇誕生日)」に行なわれる祭りであり、国の繁栄、天皇陛下のご健康、明治天皇の偉業を祈り称えるための祭りが開かれます。

そして上記の祭り以外、毎月決まった日に皇室や地域の平和と安寧を祈って行なわれる「月次祭(つきなみまつり)」などを小祭と呼びます。

こうして見ると、大祭は御祭神を祀るもの、中祭は皇室を祀るものが多いように思えますが、同時に神社の中で行なわれるものだけでもこれだけ祭りの種類があるのかと驚かされます。近所の神社で日頃行なわれている祭りがどの祭りに分類されるのか、調べてみるのもおもしろいかもしれません。