ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

祭り情報

四季折々の祭り



祭りは御祭神との縁日によって、それぞれ行なわれる日が決まっています。しかし祭りの目的によってその時期はおおよそ決まっているため、春夏秋冬にそれぞれの傾向があります。

春の祭り

春の祭り

春は冬が終わり新しい年が始まるだけあって、新たな一年が素晴らしいものであるよう祈願した祭りが多く行なわれますが、特に農民たちの間ではこれからの五穀豊穣を願った祈年祭や田の神様への祭りが最も重要なものです。農作が始まる時期には「御田植祭」にて田の神様を呼び、ひな祭りや端午の節句では体の厄を流し豊作を祈るなど、神様に関係した行事が多い時期でもあります。長野の「御柱祭」、愛知県田縣神社の「豊年祭」など豊穣を祈願した祭りが有名ですが、札幌の「雪まつり」など季節ならではの祭りも見どころの季節です。

夏の祭り

夏の祭り

日本で夏といえば、最も祭りとイメージを結びつけやすい季節ではないでしょうか。夏休みに田舎に帰省しての縁日、盆踊り、花火大会といえば、祭りを娯楽的要素の強いものとして捉えている現代の人たちにとっても定番のイベントです。またご先祖様の霊が一年に一度帰ってくるお盆など霊的要素の強い季節でもあり、京都の「祇園祭」や花火大会をはじめ、死者の霊を鎮めるための由来をもったものが多く開かれます。また灯篭流しや盆踊りが発展したものである祇園祭の他、青森の「ねぶた祭り」、徳島の「阿波踊り」など、祭りの季節だけに全国的に有名な個性豊かな祭りがみられます。

秋の祭り・冬の祭り

秋の祭り・冬の祭り

秋になると気候も落ち着き、春から育ててきた作物を収穫し、今年一年の実りを神に感謝する収穫祭の時期です。しかし作物の収穫時期は地方などによって異なるため、全国的に秋に収穫祭が行なわれるというわけではなく、冬の時期にずれているところも多くあります。また秋と冬の境目である神無月(10月)は「国中の神様が出雲大社に集まるため一時的にいなくなってしまう」と考えられていたことから、神様を送り迎えするための祭りが各地で開かれます。同時にこの月は祭りを行なわず、神事の準備をする物忌みの時期だともされていたため、秋祭りと冬祭りの時期を厳密に分断することは少し難しいのです

冬は収穫祭が改めて行なわれる他、厳しい冬を乗り越え迎春を願う祭り、大晦日に行なわれる今年一年の厄祓いなど、新たな一年の充実を願いその準備をするための祭事が多く行なわれます。同時にキリスト教の祭りである「クリスマス」をはじめ、イベントや行事の多い季節でもあります。季節的にはやはり九州地方に伝わる「くんち」、埼玉の「秩父夜祭」など収穫に由来した祭りが有名です。

以上から、春と秋冬は豊穣と収穫を祈る祭り、夏はイベント的要素の強い祭りや民間信仰、行事を発展させた祭りが多いということがわかります。日本には由来も縁日もさまざまな祭りが存在するため一概に分類することはできませんが、四季折々の祭りの傾向を知ることは由来の背景や、日本の歳時記を理解することにも役立ちます。各季節がどんな神様の時期だったのか、知っておいて損はないでしょう。