ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

祭り情報

祭りと伝統芸能「神楽」



祭りで行なわれる伝統芸能にはさまざまな種類が存在しますが、なかでも「踊り」は最もメジャーな出し物ではないでしょうか。盆踊りや阿波踊りなど、各地域の祭りによって踊り方も種類もさまざまですが、そういった踊りのなかでもこの「神楽」は、祭りの代表ともいうべき演目なのです。

神楽とは?

神楽とは?

神楽とは、神社の祭礼時などに神壇の前で行なわれる歌舞のことをいいます。ですが一口に"神楽"といっても、その踊りに決まった形式はなく、さまざまな踊りの様式が日本各地で見られるのも特徴です。

「かぐら」という名前の由来については諸説ありますが、古代においては「神座(かむくら)」、つまり神様がいる(存在する)場所という意味で使われていた言葉が変化したものではないかという説が強く語られています。この神がいる場所というのは、踊り手の前にある神壇のことを指す、踊り手そのものに宿る、といった説がありますが、どの説の場合にせよ、「神様をお招きして踊る」儀式の踊りという意味であることに間違いはないようです。

神様を鎮めるための踊り

神様を鎮めるための踊り

なぜ神様を招いていたのかというと、"鎮魂"を目的としたケースが多かったようです。古代の人々は神を強い力を持った魂であると捉えていました。彼らは鎮魂の踊り手を通して神と呼ばれる霊を召喚し、その声を聞き、またその強き魂の力を己の体に鎮めてもらい、長寿繁栄を願っていました。この"鎮魂の儀"の際に執り行なわれていた踊りこそ、神楽の原型であったといいます。このような儀は日本各地さまざまな場所で、その地域独自の名称や踊りの形式をもって行なわれ現代まで受け継がれていったため、前述のように日本各地で異なる神楽が見られるようになったのだと思われます。

日本各地の神楽たち

日本各地の神楽たち

神の魂を呼び出す儀として古来より神事・祭礼に欠かせない存在であった神楽は、年々踊りの目的毎によって分類分けがなされていきました。まず内侍所や皇居内で行なわれるものが「宮中御神楽」、それ以外の神社などで行われるようになったのが「里神楽」と2つに分類されるようになりました。里神楽はそこからさらに、巫女が舞踊を担当する巫女神楽、修験者たちによって行なわれた獅子神楽(獅子舞)、今までの神楽に猿楽能の要素を取り入れた出雲流神楽など複数のジャンルに分かれていき、近代に近づくにつれ、日本各地の神楽全てが複雑にして多様な変化を遂げていきました。同時に神事としての儀礼的なものであった神楽が、演劇的な芸能要素の強い踊りとしての側面を強めていくことにもなり、明治時代になると霊的な儀式としての神楽はほとんどなりをひそめ、現在、祭りの際に行なわれているような、伝統芸能としての神楽がほとんどになっていったのです。

しかし本来の目的が失われたとしても、「神楽」という踊りが「祭り」において大きな意味を持っていることに変わりはありません。古来より伝えられてきた神楽は、その地域ごとにさまざまな特徴を持っているのです。いわば、その地域の歴史そのものを踊りによって受け継いできているのです。現在も自分の村に伝わる神楽に新たな要素を取り入れ、発展させていこうとする活動が盛んとなっており、祭りにとって欠かせない存在として未だ発展を続けています。神楽とは今も昔も人々を盛り上げてきた、祭りの代表的な演目だと言えるでしょう。