ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

祭り情報

祭りと伝統芸能「獅子舞」



おめでたいときに行なわれる伝統芸能といえば、「獅子舞」です。1人が獅子の頭をかぶり、幕の中に入った数人が胴体を担当して舞う、近年では特にお正月によく見られる伝統芸能の1つです。獅子が力のある霊獣として信じられていたことから、この踊りは疫病退治や悪魔祓いに効果があるとされ、また獅子に噛まれるとその年は一年健康に過ごせるとも言われています。

大陸から来たとされる獅子舞のルーツ

大陸から来たとされる獅子舞のルーツ

すっかり日本の芸能として定着している獅子舞ですが、獅子・つまりライオンは日本には生息していなかったため、その起源はインドにあるとされています。その昔インドにおいて遊牧民族が力のあるライオンを霊獣・神として崇めるようになり、宗教行事の一環としてライオンを模した舞を踊っていたことが獅子舞の原型だと考えられています。この踊りが大陸に伝わるようになり、中国などで新たな踊りの形として変化したものが日本に渡来して、霊獣としての獅子が日本でも知られるようになっていきました。

その後16世紀になり、伊勢で飢饉による病魔が流行した際に悪魔祓いとして獅子の頭を作り、複数の人間に胴幕をかぶらせ踊らせたことが日本における獅子舞の始まりだといわれています。この獅子舞によって悪魔を払うため、修験道の人たちは日本各地をめぐり、村々で獅子舞を踊り続けました。これが神楽の項目でも少し触れた獅子神楽・山伏神楽と呼ばれるようになっていき、日本各地で"悪魔を払ってくれるもの"として、また神楽の一種として獅子舞が定着することとなり、各地域の祭り事でも頻繁に踊られるようになりました。時代が進むにつれ、この時の獅子舞が一般的な形の獅子舞として、縁起物として日本各地でお正月に踊られるようになっていきましたが、各地域では伝承や田楽などの要素が踊りに取り入れられようになり、地域独自の伝統芸能としての要素も強めていくことになりました。

日本に伝わる2つの獅子舞

日本に伝わる2つの獅子舞

こうして日本では獅子舞がおめでたいものとして定着していきましたが、獅子の頭をかぶり複数で踊る獅子舞・通称「伎楽」とは別に、別の形で伝えられている獅子舞が日本には存在します。それは「風流」と呼ばれる系統の獅子舞で、「伎楽」と違う点は「獅子一頭を1人が担当する」こと、「1人立ち獅子舞」と呼ばれるスタンスで踊る獅子舞なのです。

この「風流」式獅子舞は関東・東北地方に分布する獅子舞で、「伎楽」式の獅子舞とは異なり、日本で古来より信仰されてきた動物信仰に由来する踊りだとされています。1人立ちの獅子が何匹かで編成を組んで踊るのが特徴ですが、もう1つの違いとして「頭にかぶる動物が獅子とは限らない」ことが挙げられます。これは鹿、牛鬼、中国の霊獣・麒麟であったりと、さまざまな動物に扮する舞が存在し、各地域の信仰するものによって変化するからです。では日本で伝えられてきた動物の踊りになぜ獅子の頭をかぶるものが存在するのかというと、元々別の動物の頭をかぶり踊っていたのが伝来とともに獅子の頭に変えられたからです。つまり日本古来より伝わる踊りをそのまま伝承しているものと、海外からの文化を取り入れて変化したものという、異なる進化を遂げたパターンの獅子舞が、「風流」内に存在しているということになります。こちらは「伎楽」式のものと比べて、お正月時などに全国的に見られるものではありませんが、地域の祭などには伝承行事として踊られています。

いろいろな獅子舞

いろいろな獅子舞

日本には伎楽・風流という二流派の獅子舞が存在しますが、さらに地域ごとの芸能として変化したもの、海外の文化を取り入れたものなど分化が進み、一口に「獅子舞」といっても数えきれないほどの種類の獅子舞が踊られています。その地域だけでなく、お祭りに取り入れられるようになった背景を探ることで海外との関係の変化もあらわになってくる、祭りの芸能の中でも複雑なルーツを持った行事だと言えそうです。