ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

祭り情報

神在祭など島根県の祭りの特色



東西に細長い島根県では出雲、石見、日本海に浮かぶ隠岐の三つの地域によってそれぞれ文化に特色が見られるのはもちろんですが、日本神話と結びつきの強い「神の国」出雲を有するだけあって、出雲大社を中心に神様へ捧げるための多彩な祭事・神事が行なわれています。

神様が集うから「神在祭」

神様が集うから「神在祭」

10月のことを旧暦では「神無月」と書きますが、出雲ではこの月を逆に「神在月」と呼んでいます。なぜかというと、10月は日本全国の神様が出雲大社の大国主神の元で神様同士の会議を行なうために出雲へ出かけてしまうので、日本全国では神が無い(いない)のであり、出雲だけは逆に神様が在る(いる)状態だからなのです。そのため出雲の各神社では全国からやってくる神様たちが滞在している間お迎えや祭りを行なうのですが、この期間を「神在祭期間」と呼び、旧暦の10月(現在では11月)の一週間の間さまざまな祭りが開かれるのです。

神在祭期間中には、国譲り神話の舞台でもある出雲大社西の「稲佐の浜」で夜に篝火などを焚き、神様たちの先導役となる龍蛇神様を祀り全国からやってくる八百万の神々をお出迎えする「神迎神事」、やってきた神々を龍蛇神を先頭に出雲大社へ御神幸して行なう「神迎祭」、神様たちが出雲に滞在し、人間には知ることの出来ない今後の超自然的なことなどについて決める会議である「神議り」(かむはかり)を行なっている間に催される「神在祭」、出雲大社での神在祭が全て終了した後、続いて松江の佐太神社で神在祭が行われ、最後に斐川町の万九千神社より神様たちが自分たちの国にお戻りになった後、出雲大社の大国主神にそのことを報告する「神等去出祭」が主に執り行なわれます。またこの期間中は八百万の神々が一同に集まっているということで、その神様たち全員に幸せを祈る「縁結大祭」や祈祷なども行なわれます。しかし神在祭自体は会議中の神様たちの邪魔をしてはいけないため、騒音を立てたり楽器の演奏などをしてはいけないという徹底的な自粛が課せられることから「御忌祭」とも呼ばれています。

八百万の神々全てが集まっている間は祭りもさながら出雲の町自体もどこか幻想的な雰囲気に包まれ、「神の国」そのものが降りてきたかのようです。

諸手船神事・青柴垣神事

大国主神の后である三穂津姫命(みほつひめのみこと)と長男である事代主神を御祭神とする松江市美保神社に伝わるこの2つの神事は、両方共出雲に伝わる「国獲り神話」のエピソードの一幕を再現した祭りになっています。

まず国獲り神話がどのようなものかというと、当時出雲の国(豊葦原)を治めていた大国主神に対して高天原の天照大御神が「出雲を統治するのは私の子どもたちだ」として国を譲るよう要求したエピソードのことを指します。天照はその要求のため使者を次々と送りましたが尽く失敗し、ついには雷の神である建御雷神を送り出しました。彼は稲佐の浜から降り立ち要件を伝えた所、大国主神は「私一人では決めかねるので、自分の息子である事代主神に聴いてみてくれ」と返しました。ちょうど美保関で釣りをしていた事代主神のところに諸手船に乗った大国主神の使者が向かいそのことを伝えると、彼は「国は高天原に譲ってもよい」と返答し、責任をとるため海中に青柴垣を作ってその中に隠れてしまいました。事代主神の弟である建御名方命はこのことに納得がいかず建御雷神に勝負を挑みますが結局は敗れてしまい、信州の諏訪まで逃げ込んだ後に国を渡すことを承諾しました。この2人の返答を受けた大国主神は出雲を高天原に譲ることを承諾し、その代わりに出雲大社を自分の神社として作らせた、というエピソードです。

ここ美保神社に伝わる2つの神事は上記逸話内から2つの場面にちなんだもので、それぞれ諸手船神事が事代主神のところに大国主神の使者が訪れる場面を、青柴垣神事が責任をとった事代主神が自ら海中に潜む場面を再現しています。

諸手船神事は毎年12月に行なわれる祭りで、美保海に9人の氏子を乗せた古代船2槽がこぎ出され、対岸にある客人神社まで「ヤア!ヤア!」という掛け声ともに向かいます。両船が到着すると、今度は美保神社の浜までどちらが早く着くか競争が開始されるのですが、お互いに海水を激しく掛け合い妨害する様子から「水掛祭り」とも称されています。また諸手船は2本の材木をくり抜いてつぎ合わせるという古代の造船技法に基づいて製作されており、重要有形民俗文化財にも選ばれています。

青柴垣神事は毎年4月に行なわれますが、その一年前から神事の担当となる当屋夫婦が決められています。神事の前日からこの頭屋たちは神社の穏殿に籠って断食などの物忌を行ない、神聖な状態で祭りに挑みます。当日彼らは青柴垣を飾った2隻の船にわかれて乗りこみ、笛や太鼓を奏でる神楽船とともに港内を一周し、美保神社に参拝奉幣を行ないます。これは御船行事として全国的に知られる一方、また神饌に草餅や桃の小枝を捧げることから島根の春の節句を表現している祭りでもあります。

これら二つの神事は当地に伝わる神話の物語を再現し事代主神を偲ぶとともに、日本海に面する島根の土地ならではの祭りでもあります。

隠岐国分寺蓮華会舞

島根半島から北方へ50㎞ほどに位置する隠岐島国分寺で毎年4月に奉納される、平安時代より隠岐に伝承されている伝統芸能です。弘法大師空海の命日である4月21日に奉納される舞楽ですが、仮面を被り演じられる舞、音楽、衣装ともに本国では見られない独特な形式を有していることから、かつての宮廷舞楽や古代の宗教形式、アジア各国の舞踊をルーツに持ち、それがさらに隠岐内で昇華されたものではないかと考えられています。

昔は十数を超える舞が踊られていたそうですが、現在は一から順番に「眠り仏」・「獅子」・「太平楽」・「麦焼き」・「龍王」・「山神貴徳」・「仏舞」という仮面衣装ともにそれぞれ個性豊かな七演目が踊られています。

2007年には本堂で発生した火災によって全ての面や衣装、道具が焼失してしまうというトラブルも起こりましたが今は無事にすべて復元がなされ、貴重な郷土色強い伝統芸能として受け継がれています。