ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

祭り情報

三大祭りとは?



三大珍味や三大都市、三大美女など、三大○○という言葉は世界中で使われています。それぞれのジャンルにおいて特に優れた三者をそう呼ぶのが普通ですが、これらの多くは誰かによって決められたものではなく、人々の間で自然とそう呼ばれるようになっただけのことが多いです。そのため同じ三大でも、地域や時代によって全く別のものが選ばれていることがよくあります。それは日本の祭りも例外ではありません。日本各地で呼ばれている三大祭りにどんなものがあるかをいくつかご紹介します。

日本の三大祭り

日本の三大祭り

日本三大という名を冠するからには、れっきとした文化と伝統を受け継ぐ、日本を代表する三者が厳選されていそうに感じますが、ハッキリと三つ選ばれているわけではありません。現在日本三大祭りといえば、京都八坂神社で行なわれる「祇園祭」、大阪天満宮で行なわれる「天神祭」、東京神田神社で行われる「神田祭」の三祭のことを指して呼ぶ場合が多いようです。しかし神田祭に代わり、同じく東京の「山王祭」が三祭の一角としてそう呼ばれることもあります。どちらも東京を代表する祭りであること、また江戸幕府の命により現在まで一年ごとに交互で行なわれていることから、どちらを三大に入れるべきか人々の間で認識の違いが発生したのだと言われています。

二大、三大、四大?日本人は○大がお好き?

二大、三大、四大?日本人は○大がお好き?

三大認識の違いは、地方の三大祭りが選ばれる際にも起こっています。特に祭りの盛んな地域では「京都三大祭り」「大阪三大祭り」など、それぞれの地域ごとに選ばれた祭りをそう呼ぶことが多くありますが、その認識もまた人によって異なっています。その例として、「東北三大祭り」の呼び方・選ばれ方について紹介します。

東北で三大祭りといえば、全国的に有名な「青森ねぶた祭り」、「秋田竿燈まつり」、「仙台七夕まつり」と広く認識されており、その考えを基とした観光プランなども多く見受けられます。しかし、ここに「山形花笠まつり」が加わり「東北四大祭り」と呼ばれることもあります。この他にも、ねぶたと竿燈の2つを指す場合は「東北二大祭り」、他県の祭りを含めて「東北五大祭り」とする場合も存在するなど、その選出形式は必ずしも三大にとどまるというわけでもありません。もちろん三大に別の組み合わせが選ばれることもあります。国内でも歴史と特徴ある祭りを多数持つ東北地方ならではということもありますが、人によっては三つに収まるかどうかも含めて、「三大」の定義の違いはさまざまなのです。

さまざまな三大祭り

さまざまな三大祭り

三大祭りと呼ばれるものは、日本に無数に存在します。四国三大祭りや三大くんち(九州に伝わる祭りの形式)など地域で分類されるものもあれば、「三大火祭り」、「三大喧嘩祭り」、「三大奇祭」など祭りの種類によるもの、「三大曳山祭り」、「三大灯籠祭り」、「三大盆踊り」「三大花火大会」など出し物から名付けられるもの、「三大七夕祭り」、「三大御田植祭」といった行事に由来するものなど、バラエティ豊かな「三大」が散らばっています。いずれも選ばれる人、地域、時代によって内容は異なるものですが、そのいずれもが「三大○○」に選ばれるほど、印象深い祭りであることに変わりはありません。各地をまわりながら、自分にとっての「三大祭り」を決めてみるのもおもしろいのではないでしょうか。