ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

祭り情報

縁日(祭り)における屋台:焼き物、粉物



食いしん坊にとってたまらないのは縁日ならではの焼き物・粉物の屋台です。鉄板から響くジュージューといういい音、そして食欲をそそるソースの匂い。気がつくと自然に足が向かっている、そんな「縁日グルメ」の数々をご紹介します。

イカ焼きと焼きもろこし

イカ焼きと焼きもろこし

屋台で焼き物といえば、「イカ焼き」や「焼きもろこし」などが定番です。しょう油やタレなどを塗りつつ網焼きしたものが定番で、しょう油が焼ける香ばしい匂いは食欲をそそられます。鉄板で焼いたり切り身で売っていたりと屋台によって差異はありますが、定番なのは串に刺したイカをまるごと焼いてお腹に切り目をつけたもの。少し大きいですが、豪快にガブっとかじりつきたくなる雰囲気があります。また関西で「イカ焼き」といえば鉄板で押しつぶすように焼く粉物のことを指す場合もあります。

お好み焼きとたこ焼き

お好み焼きとたこ焼き

関西でもお馴染みのお好み焼きは、縁日屋台でもお馴染みのメニューです。味付けもトッピングもさまざまですが、どのお店もボリュームは満点。何より目の前で盛り上がった具材が生地にくるまれていく様子を見られることが楽しく、お店で食べるのとは全く違った期待感で胸がいっぱいになります。他に、焼きそばを挟んだ広島風も人気です。

お好み焼きと同様、関西と縁日屋台の顔役といえば、たこ焼き。縁日を見渡せば、タコのイラストが描かれた暖簾が必ずと言っていいほど見つかります。それだけ人気の高い屋台でもあり、たっぷりの鰹節と青のり、ソース、マヨネーズがかけられたパック入りのたこ焼きは、縁日の風物詩といっても過言ではありません。味もさることながら、職人芸によって1つ1つ見事にひっくり返されていくたこ焼き作りに子どもたちの目は釘付けです。

まだある縁日グルメ

まだある縁日グルメ

ソースによって茶色くなったちぢれ麺に、青のりと紅しょうがといえば屋台の焼きそばです。焼きそばにも種類がありますが、この味は縁日の屋台でしか味わえません。屋台のおじさんのヘラ二刀流によってソースと麺が絶妙に絡み合い、得も言われぬ味わいになっています。最近は卵焼きを乗せたり具に工夫がなされたりといったものも多いですが、どれも「縁日の焼きそば!」といった安心感を与えてくれています。

また、上記で紹介した以外にも縁日定番の食べ物はあります。おでんやじゃがバター、紙コップ入りのタレに付けて食べる焼き鳥、フランクフルト、アメリカンドッグなどなど。普段食べ慣れている食べ物でも、楽しく賑やかな雰囲気で食べられることが、縁日の魅力の1つなのかもしれません。