ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

祭り情報

お祭りファッション



祭りといえば、華やかな衣装も見どころの1つ。定番の半纏(はんてん)・法被(はっぴ)にハチマキをぎゅっと締めた姿の人々が町を行き交っているのを見ると、「今日は祭りだ!」という気分に自然とさせてくれます。そんな「いきでいなせ」なお祭りファッションの歴史と着こなし方をご紹介します。

昔のお祭りファッション

昔のお祭りファッション

まずは古くからの祭りの衣装について見ていきましょう。祭りは元々神様を祀るためのものであり、騒いで盛り上がるというより厳かに行なわれるものでした。それに参加していた人たちのファッションはというと、もちろん現在のような軽装ではなく、当時の「正装」で行なわれていました。

平安時代には、人々は「冠」や「烏帽子」を被り、男性が「衣冠」と「束帯」、女性が「十二単(じゅうにひとえ)」と呼ばれる儀式用の装束をまとうなど、「正装」にて祭りに参列していました。現在も祇園祭葵祭など、神官たちが平安時代の衣装を纏う祭りや行列でその衣装を見ることができます。平安以降以降も「狩衣(かりぎぬ)」や「水干(すいかん)」といった略服が正装として着られていましたが、江戸時代には武士の普段着を基とした、袖のない「肩衣(かたぎぬ)」という服装が庶民の礼装とされ、各地の祭りや芸能の際に着られるようになりました。これらの正装は神と交信をするためのものという神聖な意味合いで着られており、現在のお祭りファッションの原点でもあります。

お祭りファッションの歴史

お祭りファッションの歴史

現代のお祭りファッションの定番といえば法被・半纏などですが、それがいつ庶民に広まったかというと、江戸時代中期・幕府の財政不足が始まりだとされています。元々商人や職人のために袖・幅を短くして作られていた半纏は、貴重な太物一反から二着作れることで重宝されていました(半纏という名は「半分の反で作れる」ことから呼ばれるようになった)。この半纏に商人や火消したちの屋号が描かれた「印半纏」が作られるようになり、江戸の町中でも親しまれる存在になっていきました。一方、法被はというと、幕府財政節約のために、武家社会で着られていた羽織を簡素化させたものとして生み出されました。この経緯と半纏より袖・幅が長いことから、半纏よりも格式高いものという認識がされていました。

こうして別々のものとして広まった半纏と法被でしたが、時代がたつにつれてその姿を消してしまい、再び注目されたのは昭和の東京オリンピック、大阪万博のころだったといいます。これらの祭典のために半纏が作られたことで、イベント時に着るものという認識が広まり、祭りの装束として新たにその歴史をスタートさせました。現在は半纏と法被はほぼ同じもののように言われていますが、この歴史の過程で厳密な違いについての意識が薄れていったと言われています。

お祭りファッションの着こなし

お祭りファッションの着こなし

お祭りファッションとして、現在、祭りの正装として親しまれている半纏を「祭半纏」と言います。足には股引、お腹には腹掛を着用し、その上に祭りのシンボルを背負った半纏を纏えば正装の着用は完了。半纏は色・柄・裾のサイズなどさまざまなものが作られているので、個人にあったサイズと柄を選んで着こなすのが重要です。

また半纏に欠かせないのが帯や手ぬぐい、ハチマキ、草履といった小物たち。帯1つとっても?字に結ぶ「神田結び」、V字状の「喧嘩結び」などさまざま。そこに合わせる手ぬぐいも頭にまく「ねじり」、頭全体を覆う「かぶり」とバリエーション豊かで、それぞれのセンスが問われます。男らしく喧嘩結びにねじりはちまきでいくもよし、女性らしくかぶりにするもよし。最後は足元をわらじ・草履で決めれば、自分だけのお祭りファッションの完成です。

さまざまなお祭りファッション

さまざまなお祭りファッション

祭半纏で決めるのもいいですが、祭りの時の服装はこれだけではありません。袖口が鯉の口のようになっている「鯉口シャツ」は色も柄も豊富で、股引との相性も抜群。涼しげな浴衣にうちわも夏祭りのデートには欠かせません。あなただけのファッションで、祭りの中に飛び込んでいきましょう。