ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

祭り情報

盆踊りを踊ろう



夏に欠かせないイベントとして、全国的に踊られている盆踊り。太鼓と笛で演奏される音頭を背景に、やぐらのまわりを大勢で踊る姿は、夏祭りを象徴する光景です。ですがこの盆踊りという行事は、一体どのような目的で、またどうして夏の時期に踊られるようになったのか、ご存知でしょうか。

お盆と盆踊り

お盆と盆踊り

踊って楽しむことそのものが目的のように思われることもありますが、盆踊りはその名のとおり、一年に一度の7月15日にこの世へ帰ってきたご先祖様たちの霊を供養する、お盆の時期に行われる踊りであり、霊を慰めるための踊りなのです。東京など旧暦の7月15日をお盆(旧盆)とする地域もありますが、新暦の8月15日をお盆とする地域が多いようです。

お盆は元々の名前を盂蘭盆会(うらぼんえ)という仏教行事であり、目蓮という人物が地獄に落ちた母を救いたいと釈迦に相談したところ、「7月15日にお布施を行ないなさい」との教えを受け、それを実践したところ母を無事助けることができた、というエピソードに由来し、先祖の霊を供養する行事として生まれたといいます。日本にもこの仏教行事が伝わってきたのですが、日本土着の先祖信仰や民俗信仰が加わり、徐々に日本独自の「お盆」という習慣になっていったと言われています。

盆踊りは「お盆」に行なわれる儀式の一環として、仏教信仰を踊りというパフォーマンスで表現した「念仏踊り」(一遍上人が広めたとされます)と、先祖供養の信仰が交じり合って誕生しました。当初は先祖の供養という面を重んじていましたが、次第ににぎやかなお囃子(はやし)・踊りが目立つようになり、江戸時代には歌も加わるなど現在の「盆踊り」が形成され、庶民の間の楽しみとして広まっていきました。戦後になると今までのような先祖への供養・地方の文化を取り入れた「伝統踊り」、歌手が歌う音頭曲のレコードなどにあわせて楽しんで踊る新しい「民謡踊り」と分別されるようになり、町の祭りなどではこの民謡踊りが好んで踊られるようになりました。

広まっていく盆踊り

広まっていく盆踊り

こうして盆踊りはお盆の定番行事として、夏の風物詩として日本中で行なわれるようになりました。当然その踊りの様式も伝統踊り・民謡踊りの中でそれぞれ細分化していき、日本各地でさまざまな盆踊りが行なわれています。

列を組んで歩きながら踊る「行列踊り」、町を流しながら踊る「流し踊り」、櫓を中心にその周囲を囲んで踊る「輪踊り」といった形式を基本として、"日本三大盆踊り"と呼ばれるものもあります。

日本三大盆踊り

日本三大盆踊り

・「阿波踊り」(徳島県)・・・「踊る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら踊らにゃ損々」という囃子にのせ「連」と呼ばれるグループを組み町を練り歩く

・「西馬音内盆踊り」(秋田県)・・・野性的で迫力あふれる囃子と、それとは対照的に優雅で流れるような踊りが醸し出す雰囲気が印象的

・「郡上踊り」(岐阜県)・・・"踊るおどり"と呼ばれ、10種類もの盆踊りを誰しも関係なく無礼講に、夜明けまで踊り続けることが醍醐味

みんなで踊ろう

みんなで踊ろう

盆踊りが踊られるのは、本来先祖の霊をこの世に歓迎するためでした。その役割を残しつつも、現在は踊りによって地域や家族の絆を強め合う、日本の年中行事として楽しまれています。その魅力は誰にでも参加できて、町の人々と踊りに寄って1つになることができるからではないでしょうか。普段あまり交流がないという人も、お盆のこの日は町の人たちと、ご先祖様たちと一緒になって盆踊りを楽しみましょう。