ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

祭り情報

世界の奇祭(グアム・ハワイ)①



ハワイの奇祭を紹介します。

ザ・カラーラン/ハワイ

ザ・カラーラン/ハワイ

世界25ヵ国以上の地域で行なわれているランニングイベントです。発祥は2012年(平成24年)に開催されたアメリカ・アリゾナ州の第1回が、世界中にどんどん広がっており、日本でも開催されています。

カラーランで参加選手がランニングを行なうのは5kmと、ランニングイベントとしては比較的短い距離に設定されています。そして、個性的なルールは「白っぽい服を着て参加すること」と「ゴールするときは色を塗られていること」の2つです。ランニングをしているとカラーパウダーがぶちまけられ、ランナーたちにはどんどん色が塗られていき、そのカラフルさを楽しみながら走ります。その雰囲気は「奇祭」として紹介するにふさわしい楽しげなものになります。走行距離の短さと、祭りらしい楽しさが重なり、初心者ランナーでも軽い気持ちで参加できるランニングイベントして、世界中で愛され広まっているという訳です。仲間内のチームでおそろいのユニフォームを着たり、コスプレのような格好で参加して楽しんだりするランナーもたくさん見ることができます。

ネオンバイブ/ハワイ

ネオンバイブ/ハワイ

アメリカ各地で行なわれているランニングイベントです。2014年(平成26年)の例では1月にハワイで開催されて以降、順番にアメリカ各地を周るように開催されました。

ランニングで走行する距離は5kmと比較的参加しやすい設定になっていますが、この「ネオンバイブ」で個性的なのは色と雰囲気です。イベント名にもあるように、参加するランナーたちは蛍光塗料で身を彩り、コースの各ポイントに設置されたブラックライトに照らされながらゴールを目指します。また、会場にはノリの良いダンスミュージックが流れているため、タイムを気にして走るランナーはほとんどおらず、踊りながら走りユニークな雰囲気でランニングが行なわれます。

シャツや塗料は現地で用意されており、走行距離の短さもあって初心者ランナーでも参加しやすいのが魅力です。また、ランニングが終わったあとにはアフターパーティが行なわれ、人々は踊りながら夜を楽しく過ごします。また、このイベントで得た収益の一部はボランティアに使われるなど社会貢献活動も行なわれています。

スパルタン・レース/ハワイ

スパルタン・レース/ハワイ

「世界一過酷な障害物競走」と呼ばれるイベントが「スパルタン・レース」です。アメリカ各地のいずれかで毎週末のように開催されているアメリカの国民的イベントです。近年では、ヨーロッパでも開催されるようになり、世界的に波及を見せています。

基本的には走行距離5km程度のランニングイベントとしては比較的軽い部類ですが、開催される場所によって個性的な障害コースが用意される特徴があります。その障害とは、開催場所の風習や文化に関連したオリジナルなものが用意されるのが通例で、ハワイで開催された例ではコースの途中で槍投げを行なったり、上空から垂れ下げられた綱を登ったりといったものが用意されました。どんな障害が用意されるかは事前にアナウンスは無く、参加したランナーたちは現場で走りながら障害物に驚き、そしてクリアしていきます。

アメリカ発祥のイベントらしく、イベントを楽しむ工夫が随所に盛り込まれており、スタート前にはMCが「私たちは何だ?」とランナーたちに問いかけます。するとランナーたちは一斉に「We are SPARTAN!(私たちは「スパルタン」だ!)」と返し、それを数回繰り返して気分を高めてからスタートするなどしています。なお「SPARTAN」とは、武勇で知られた古代スパルタ人のことです。