ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

花火大会情報

花火の写真をキレイに撮る方法



夏の風物詩であり毎年各地で開催される花火大会ですが、その年によって打ち上げられる花火や演出なども様々。そのときの感動はもちろん記憶に残りますが、せっかくなら写真にも収めて思い出として残したいものです。こちらでは意外に難しいとされる、花火を美しく写真に撮る方法をご紹介しましょう。

道具を揃えよう

道具を揃えよう

まず、花火を美しく写真に残すためには必要な道具を用意することが欠かせません。もちろんカメラさえあれば撮影が可能ですが、補助的な道具もいくつかあると便利でしょう。

カメラ

花火の撮影に用いるカメラは、バルブ撮影モード、もしくはマニュアル撮影モードが備わっている物が良いでしょう。

私たちが花火を鑑賞するときは、空中で炸裂した火の玉の軌跡、つまり残像も含めて見ているため「大きな花火」と感じますが、瞬間を切り取るカメラの場合は人間の目に映ったような残像は写しません。このため、通常モードでシャッターを切って撮影した花火は、肉眼で見るよりも小さく写ってしまいがちです。

私たちが見たような光景をカメラに残すには、空中で開いてから散るまでの間、ずっと露光し続ける必要があるのです。そこで活躍するのが、撮影シーンによってシャッタースピードを変更することができるカメラ。

シャッターボタンを押している間、カメラのシャッターを開いたままで露光を続けることができる「バルブ撮影モード」、絞り値やISO感度、シャッタースピードを好みで変更できる「マニュアル撮影モード」がある種類を使いましょう。

また、最近では設定するだけで自動で最適化してくれる「打ち上げ花火」モードが備わっているデジタルカメラなども発売されています。

三脚

上記にもあるように、花火を美しく撮るには花火玉に内包された星が燃えながら飛び散っていく「光跡」をしっかりと捉えることが重要です。「ブレ」や「ボケ」は他の写真でもたびたび失敗の要因になりますが、特に花火を撮影する際はシャッターが開いている時間が長いため、この間ずっとカメラが固定されていなければ綺麗な光跡になりません。このことから、カメラを固定するときに用いられる三脚は花火撮影において欠かせないのです。

ケーブルレリーズ、リモートコントローラー

ケーブルレリーズとは有線のシャッターのこと。せっかく三脚でカメラを固定しても、肝心のシャッターを押すときにカメラが動いてしまうとブレの原因になってしまいます。これを避けるために、ケーブルレリーズをカメラに付けることで直接カメラに触ることなくシャッターを切ることができます。もちろんケーブルレリーズの他にも、離れた場所から操作できる無線のリモートコントローラーを用いても良いでしょう。

カメラの設定

必要な道具が揃ったら、いよいよ撮影です。

三脚にカメラを取り付けてから、ケーブルレリーズをセットしましょう。

次にカメラの設定ですが、まずは感光度を調節するISO感度を100にセット。絞り値(F値)は花火との距離によっても違いますが、F8~F11程度に設定します。ピントはマニュアルフォーカスにし、無限遠に合わせましょう。

この設定で試しに何度か撮影してみて、仕上がりによって微調整をすることも大切です。明るすぎると感じたならば絞り値をもう少し大きくしてみたり、暗い写真になってしまったらISO感度を200程度まで上げてみたりしても良いでしょう。調整をするごとに、ベストな設定を見付けることができます。