ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

花火大会情報

日本三大花火大会



毎年日本各地で開催される花火大会。中でもその規模や歴史から「日本三大花火大会」と称される、一生に一度は見てみたい有名な花火大会をご紹介しましょう。

全国花火競技大会(大曲の花火)(秋田県大仙市)

全国花火競技大会(大曲の花火)(秋田県大仙市)

秋田県大仙市大曲で毎年8月の第4土曜日に行なわれる花火大会。全国の花火師たちが目標とする非常に格の高い大会で、日本国内で最も権威のある花火の競技大会です。花火をつくった花火師本人が自らの手で打ち上げ、その美しさや優雅さを競います。大会当日には人口8万人の大仙市に80万人もの観客が集まります。

全国花火競技大会(大曲の花火)の歴史

大曲と花火の歴史はとても古く、江戸時代から大曲の人々は花火に親しんでいたという文献が残されています。本格的な花火大会のはじまりは1910年(明治43年)。諏訪神社の祭典の奉納花火として「第一回奥羽六県煙火共進会」が行なわれました。当時、東北で有名な花火師たちが一堂に集まり、花火を打ち上げたと伝わっています。その後1915年(大正4年)に「全国煙火競技大会」と名を変え、全国規模の大きな花火大会へと発展。太平洋戦争中は中断されたこともありましたが、終戦の翌年には「全国花火競技大会」として再開され、今へと至ります。

現在の「全国花火競技大会」はその名の通り全国の花火師たちが集い競う競技会となっており、大きな特徴は「内閣総理大臣賞」「経済産業大臣賞」「中小企業庁官賞」「文部科学大臣奨励賞」という、そうそうたる賞が授与されること。中でも「内閣総理大臣賞」が授与されるのは全国でもこの大曲と土浦の「土浦全国花火競技大会」のみとなっています。

花火競技大会(大曲の花火)の種目

全国トップレベルの種目を持つ大曲の花火。以下の種目があり、日本で唯一、昼花火の競技も行なわれます。夜花火の部(創造花火・10号玉)で最も優秀な花火には「内閣総理大臣賞」が贈られます。

  • 昼花火の部
  • 10号玉の部
  • 創造花火の部

土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市)

茨城県土浦市で開催される花火の競技大会。夏に開催されることの多い花火大会としては珍しく、毎年10月の第一土曜日に行なわれる数少ない秋花火大会でもあります。日本三大花火大会の中で、唯一首都圏に近い関東圏で行なわれるとあり、毎年、首都圏を中心に70万~80万人もの見物客が訪れます。全国花火競技大会(大曲の花火)と同じ花火の競技大会のため、全国の花火師たちが目標とする大会となっています。

土浦全国花火競技大会の歴史

1925年(大正14年)、現土浦市の神龍寺の住職が、海軍航空隊の殉職者の慰霊と土浦の経済を活性化するために私財を投じて霞ヶ浦湖畔で花火を行なったのが始まりです。以来、土浦をあげての行事として盛大に開催されるようになり、戦争中は中断されたこともありましたが、現在も土浦の代表的な花火大会として市民のみならず全国の花火愛好家に愛され続けています。大曲の花火と同じく総合優勝者には「内閣総理大臣賞」という立派な賞が与えられるところが特徴です。

土浦全国花火競技大会の種目

競技部門には以下の種目があり、以下3部門の中で最も優れた出品者には「内閣総理大臣賞」が贈られます。

  • スターマインの部
  • 10号玉の部
  • 創造花火の部

長岡まつり大花火大会(新潟県長岡市)

新潟県長岡市で開催される「長岡まつり」の花火大会。例年8月1日から3日にかけての3日間行なわれます。他の三大花火大会と呼ばれる土浦・大曲の花火と大きく違うところは競技花火大会ではないという点。ワイドスターマインや音楽花火など、様々な花火が休む間もなく打ち上がります。

長岡まつり大花火大会の歴史

長岡まつりが始まったきっかけは、1945年(昭和20年)8月1日に起きた長岡空襲です。B29大型爆撃機により旧市街地の約8割が焼け野原になり、1,486名もの命が失われました。この空襲の1年後、長岡の復興のために1946年(昭和21年)8月1日に開催されたのが「長岡復興祭」で、現在の「長岡まつり」の始まりと言われています。現在も毎年8月1日には、長岡空襲の始まった時刻に合わせて「慰霊の花火」を打ち上げ、平和への祈りを捧げています。

しかし、実は長岡の花火大会自体の歴史はもっと古くに遡ります。三大花火大会の中では最も古い1879年(明治12年)の9月、千手町八幡様の祭で遊郭関係者がお金を出しあい350発の花火を打ち上げたのが始まりと言われています。その後、戦争により中断したこともありましたが、前述の「長岡復興祭」を機に復活。今でも慰霊・復興・平和を願いながら、長岡の夜空に花火を打ち上げ続けています。