ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

花火大会情報

関東地方の花火大会②



こちらでは東京都以外の関東地方で開催される花火大会をご紹介します。関東の花火大会で最も満足度が高いとされる「足利花火大会」と、珍しく毎年平日に開催される「神奈川新聞花火大会」。どちらも県を代表する盛大な花火大会です。

足利花火大会 (栃木県足利市)

足利花火大会 (栃木県足利市)

栃木県足利市で開催される「足利夏まつり」のフィナーレを飾る花火大会。1903年(明治36年)に始まった歴史ある花火大会で、毎年35万人を超える観覧客で賑わいを見せています。例年8月の第一土曜日に開催され、20,000発の打ち上げ数は関東でも最大級の規模。ウォーカープラスによる「関東の行ってよかった花火大会2015」では第一位にも選ばれています。どうして足利が「日本三大花火」に入らないのかと疑問に思われる程、素晴らしい大会です。

一番の見所はクライマックスを飾る大スターマインと、約1キロメートルも続く大ナイアガラの競演。規模も迫力も圧巻で、感動すること間違いなしです。

会場とアクセス

打ち上げ会場は渡良瀬川に架かる田中橋下流の河川敷。JR「足利駅」南口から徒歩5分、東武伊勢崎線「足利市駅」から徒歩10分と、首都圏からも電車でアクセスのしやすい会場となっています。大会当日はJR両毛線、東武伊勢崎線共に臨時列車も運行されるので、できるだけ電車を利用して来場しましょう。

足利花火大会の有料席

足利花火大会では有料観覧席を設けており、約2坪の1区画(大人8人~10人目安)で料金を設定しています。10人で行けば一人あたりの料金がリーズナブルになるので、大人数で行く際は検討してみましょう。また1坪(大人5人目安)の桟敷席もあります。有料観覧席よりも割高ですが、より間近で迫力ある花火を楽しめるとあって多くのキャンセル待ちがでる程です。

神奈川新聞花火大会(神奈川県横浜市)

大観覧車「コスモクロック」や赤レンガ倉庫、横浜ランドマークタワーなど、言わずと知れた人気スポットが立ち並ぶ横浜みなとみらい地区。こちらで毎年8月の第一火曜日に開催される大会が、海辺に打ち上げられる神奈川新聞花火大会です。平日開催にもかかわらず、なんと20万人もの人が集まります。

15,000発を超える盛大な花火が横浜の夜景とともに夜空を明るく輝かせ、関東の花火大会では珍しい480メートルの二尺玉の打ち上げや、音楽とコラボレーションした花火など見どころも盛りだくさんの豪華な花火大会です。

会場とアクセス

会場までは最寄駅のみなとみらい線「新高島駅」・「みなとみらい駅」から徒歩10分、JR根岸線「桜木町駅」からは徒歩15分。

実はみなとみらい地区・新港地区においてしっかりと花火を鑑賞できるスペースは有料会場を除くとほとんどありません。事前に協賛席や花火鑑賞券を購入しておけば、座りながら安全に花火を楽しむことができます。

神奈川新聞花火大会の有料席

有料席は二種類用意してあります。

最も花火に近く眺めの良い「協賛席」はAとBに分かれており、Aは内貿(耐震)バース内、Bは臨港パーク内に設置。ドリンク・お菓子付きでパイプ椅子ひとつが用意されます。平日のため、会社帰りにスーツで参加する会社員の方などは椅子があればより花火を楽しめるでしょう。

また、臨港パークやカップヌードルミュージアムの敷地内を使える「花火鑑賞券」もあります。こちらはすべて芝生席となっており、地面に座って花火を眺める形になりますが協賛席よりもリーズナブル。小学生以下は無料なので家族連れなどはこちらのほうが気楽に楽しめるかもしれません。

どちらの席も迫力満点の花火をゆったり見られる特別な席。例年6月上旬から発売されるそうなので、神奈川新聞社のホームページをチェックしましょう。年によっては当日券の発売もありますが、事前に準備しておいたほうが確実です。