ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

花火大会情報

中国地方の花火大会①



こちらでは島根県最大の宍道湖で開催される「松江水郷祭湖上花火大会」と、山口県関門海峡で隣り合う北九州市門司区の花火大会と競い合うように打ち上げられる「関門海峡花火大会」をご紹介しましょう。

松江水郷祭湖上花火大会(島根県松江市)

松江水郷祭湖上花火大会(島根県松江市)

島根県松江市の宍道湖上で毎年8月の土日2日間に渡って開催される、中国地方最大級の湖上花火大会。通常、打上数は初日が3,000発、2日目が6,000発の合計9,000発で、もし初日が天候不良等で中止になった場合は2日目に9,000発の花火が打ち上げられます。

2015年(平成27年)の花火大会では松江城が国宝に指定されたということもあり、特別に13,000発もの湖上花火が打ち上げられました。

観客動員数は40万人以上と、地方とは思えない程の集客力を誇る「松江水郷祭湖上花火大会」。宍道湖を舞台に空高く打ち上がる尺玉や湖上に弾ける水中スターマインなど、辺り一面幻想的な情景が映し出され、観覧客は魅了されています。

会場とアクセス

会場は松江市役所周辺の宍道湖東側湖岸、及び末次公園一帯となっています。最寄駅のJR「松江駅」からは徒歩10分、一畑電車「松江しんじ湖温泉駅」からは徒歩1分と、アクセス抜群。しかし、一畑電車は電車の本数が少ないため、乗り遅れないように時間を調べておくことが大切です。

会場周辺は大幅な大規模交通規制が行なわれますが、1日目と2日目で規制場所が異なる場合があるため注意が必要です。また2日目のみ湖南中学校のグラウンド等が臨時有料駐車場として開放されることがあるので、どうしても車で行きたい方は利用しましょう。

おすすめの観覧スポット

定番の観覧スポットはやはり松江市役所近くの宍道湖護岸。打ち上げ場所に近く眺めも、とても良い場所です。しかしその分、場所取りも非常に困難な状況にあります。

穴場スポットとしては打ち上げ場所から少し離れますが「袖師公園」がおすすめ。障害物も少なく、比較的観覧客が少ない状態でゆっくり花火を見ることができると言われています。

関門海峡花火大会(山口県下関市)

山口県下関市と福岡県北九州市門司区の関門海峡の両岸で行なわれる花火大会。こちらでは主に山口県の下関側の視点でご紹介します。

元々は1985年(昭和60年)、下関のまちづくり団体が下関側で単独の花火大会を行なったのが始まりです。その後4回目の大会を迎えた1988年(昭和63年)に、北九州市の門司側でも花火大会を開催。これを機に下関側の主催が「一般財団法人 下関21世紀協会」、門司側が「特定非営利法人門司まちづくり21世紀の会」と別事業体でありながらも、境にある関門海峡を挟む両岸から同時に花火を打ち上げるといった豪華な合同イベント花火大会「アジアポートフェスティバル in KANMON」が始まったのです。

現在でも主催団体と自治体が別々の花火大会ですが、打ち上げのタイミングを揃えるなどお互い協力し合い、2つの花火大会をひとつにまとめて盛り上げています。打ち上げ総数は双方で各約6,500発、合わせるとたった50分の間に13,000発もの花火が打ち上げられるため、西日本では大阪府富田林市の「教祖祭PL花火芸術」に次ぐ規模だとも言われています。

会場とアクセス

下関側の会場は下関市あるかぽーと下関、及び22号岸壁。JR「下関駅」から徒歩20分のところです。会場周辺には駐車場の用意がないので公共交通機関で来場しましょう。また大会当日は下関市競艇場駐車場に駐車することができ、パークアンドライドでバスに乗って来場できます。

また門司側はJR「門司駅」からすぐの門司港西海岸が会場となっています。

絶好の鑑賞スポット「巌流島」

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘場所として知られる下関市の「巌流島」は関門海峡花火大会の絶好の鑑賞スポット。下関市の唐戸や北九州市の門司港から連絡船が運行しており、その船を利用して島に渡ることができます。島からは下関側、門司側どちらの花火も一度に堪能することができ、互いの花火が競いあうように打ち上がる様子は圧巻です。