ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探

埼玉県・町村の祭り/花火大会

日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

埼玉県・町村の 日本の祭り・花火大会 (1~7ヵ所)

埼玉県の町村にある日本の祭り・花火大会を一覧でご紹介します。「旅探」では、埼玉県の町村にある日本の祭り・花火大会の所在地の他に、皆様から投稿頂いた情報を一覧にて表示しておりますので、施設探しの際にぜひご利用下さい。施設名をクリックすると日本の祭り・花火大会の詳細情報や、周辺情報を確認することができます。日本の祭り・花火大会一覧は、①アクセス数、②動画、③写真、④口コミの多い順に掲載しています。

埼玉県・町村の日本の祭り・花火大会
7ヵ所
アクセスランキング順
  • 小川町七夕まつり

    小川町七夕まつり

    投稿ユーザーからの口コミ
    子どもの少年団の関係で小川町の七夕まつりに参加してきました♪私が子どもの頃以来なので久しぶりでした。まだまだ活気があって賑やかで楽しかったです♪夜の花火も十分見ごたえがあって満足でした♪小さな頃を思い出せました♪
  • 船玉まつり

    船玉まつり

    投稿ユーザーからの口コミ
    お盆休み中、家族でどこか行きたいねーとの話になり、急遽日帰り旅行が決まり、秩父・長瀞に行く事になりました。観光ルートは、三峯神社→長瀞岩畳の計画で出発しました。9:00位の出発だったので三峯神社へは15:00位到着になってしまい、新鮮な空気を満喫して、長瀞岩畳へ向かいました。現地近くになると、警備員さんが車を誘導しておりかなりの観光客がいました。警備員さんに何かあるんですか?と質問をした所、灯篭流しと花火がある事を知り家族全員で喜んでいました。時間は17:00位で近くの駐車場にタイミングよく偶然に駐車でき、徒歩2分位で灯篭流し・花火会場へ到着し現地はかなりの人出で、場所取りを行いまたも偶然に良い場所を確保でき、出店で飲み物・食べ物を買い、始まるのをまっていました。川沿いなので風が心地よくとても気分が良かったですね。18:00過ぎから灯篭流しが始まり、日が落ちて時間が経つにつれ、幻想的な世界で初めて見る光景に家族全員感動していました。19:00過ぎ、灯篭流しが終わるといよいよいよいよ花火です。花火は真上に上がり、今まで見た花火の中で一番綺麗で迫力があるように感じました。仕掛け花火も圧巻で、感動しっぱなしの時間です。途中雨雲が見えて心配しましたが、最後まで雨は降らず最高の花火大会でしたね。来年は指定席を予約して見たいねと話をしていました。出店の数にも驚き、通常の花火大会よりかなり多く感じました。焼きそば・フランクフルト・たこ焼き・お好み焼きを頂き、味もかなり美味しく感じましたね。やはり外で頂くと特別美味しく感じますね。帰りは駐車場までもかなりの人ごみで、一時駐車場が分からなくなり何とかたどりつきました。その後かなりの渋滞にはまりましたが、来年の課題としたいと思います。必ず来年も来ることを家族で約束して現地を後にし、帰りはなぜかしゃぶしゃぶ店に立ち寄り、おなかいっぱい頂き、お盆休みの充実した1日を満喫出来ました。
  • 猪俣の百八灯

    投稿ユーザーからの口コミ
    百八ある塚に火を付けるお祭りが毎年8月15日に行われています。 以前はその後に花火大会があり観光客で賑わっていましたが、2018年より、町の都合により花火大会は行なっていません。
  • 有氏の裸まつり

    投稿ユーザーからの口コミ
    有氏の裸まつりは、有氏神社で盤台行事「裸祭り」でございます。盤台行事とは、ふんどし姿の氏子たちが赤飯の入った盤台を神輿のようにもみあげ、参詣者に向かってまき散らす行事です。安産や子孫繁栄を祈願する祭りです。
  • 大野神社送神祭

    投稿ユーザーからの口コミ
    厄病を払うお祭りだそうです。 知人宅に遊びに行った際、たまたまこのお祭りをやっていたので見に行った事があります。 旗を持った住人の方々が、何かおおきな声で言いながら歩き回っていましたが、何と言っていたのかまでは結局わからず・・・ 桜や菜の花が綺麗な時期だったので、とても印象的なお祭りでした。
  • 立沢の虫おくり

    投稿ユーザーからの口コミ
    8月16日に行われます。七夕飾りを集会所に持ち寄り、長い竿竹に取り付け、先端には幣束を差し込んで3本の梵天を作り、長老が地区内をまわるそうです。 農作物の害虫を駆逐し、その年の豊作を祈願する目的で行われているそう。 農薬の普及した現在、全国で風習が残っている地域は少なくなっているそうです。
  • 寄居北條まつり

    投稿ユーザーからの口コミ
    毎年新緑が鮮やかな5月初旬に、寄居町を流れる荒川の玉淀河原と対岸にある鉢形城をメイン会場として行なわれる祭典が「寄居北條まつり」です。最近の歴史ブームで注目される戦国武将や刀剣、甲冑などの武器が多数登場し、火縄銃の銃撃や大砲の発砲、北條軍と豊臣軍にわかれ合戦を行なうシーンや、総大将同士の一騎打ち再現シーン、忍者軍団の華麗な忍術や演舞など、戦う場面の様々な演出はとてもリアルかつ勇壮で迫力があります。地元の埼玉新聞やテレビのニュースでも報道される程に有名な祭りであります。また勇壮な戦闘シーンだけでなく、レプリカですが甲冑を身に纏い武者が行列をなして町内をゆっくりと行軍する姿は風情があってとても良いですよ。なお、武者行列への参加には制限がなく応募が自由で、老若男女・国籍も問いません。なかでも町内の幼稚園生がつくる、ちびっ子忍者の行列はとても可愛いくて、観客に大人気です。また、仕事や学業で寄居近郊に住む外国人の方々もチームを組んで参加されていて、日本と海外の国際交流の場にもなっていて感心しますし、北條氏に縁がある各市町村の武者チームも参加されて、地方行政間の交流や地域活性化を互いに協力している姿は素晴らしいです。なお、何故に「北條祭り」と言われるかと言うと、戦国時代に小田原北條氏の直系「北條氏邦(うじくに)」が領主として居城である鉢形城を寄居に築き治めていました。北関東と本家の小田原、上州や甲斐、信州などを結ぶ交通の要所である鉢形城は北條氏の出城としては最大規模のお城であったようです。そして歴史上でも有名な、豊臣秀吉による「小田原北條攻め」の際には、鉢形北條軍に対し、豊臣方の北国軍を預かった「前田氏・上杉氏・真田氏」の有名な3大名が攻め込んで来ました。鉢形北條方は籠城して大軍に立ち向かったのですが、善戦及ばずに最後は大将の北條氏邦が人質となり開城したようです。戦に負けた際にある悲劇として、城の姫様や勤めていた女中達が、城の眼下を流れる荒川の激流に身を投げたとの悲話も伝わっています。そのような史実を知り得て参加する祭りは格別の感情が宿りますよね。歴史ロマンが満載の「寄居北條まつり」に是非一度、お越しください。
国内旅行・観光の魅力再発見!【いい旅、ふた旅。】
「いい旅、ふた旅。」は、全国の観光施設や名所に関する情報をお届けするブログです。
ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲット!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。
※すべて商品ポイントが付与されます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。
※商品ポイントは付与されません。