ご希望の日本の祭り・花火大会情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探

全国の祭り/花火大会/旅探

日本の祭り・花火大会
トップページへ戻る
トップページへ戻る

全国の 日本の祭り・花火大会 (1~30行事/1,487行事)

全国にある日本の祭り・花火大会を一覧でご紹介します。「旅探」では、全国にある日本の祭り・花火大会の所在地の他に、皆様から投稿頂いた情報を一覧にて表示しておりますので、施設探しの際にぜひご利用下さい。施設名をクリックすると日本の祭り・花火大会の詳細情報や、周辺情報を確認することができます。日本の祭り・花火大会一覧は、①アクセス数、②動画、③写真、④口コミの多い順に掲載しています。

全国の日本の祭り・花火大会
1,487行事
アクセスランキング順
  • 多度大社(上げ馬神事)

    リサ・チャン!

    多度大社(上げ馬神事)

    投稿ユーザーからの口コミ
    こちらは、三重県桑名市多度町にある上げ馬神事で有名な多度大社です。 上げ馬神事では、鳥居前の長い階段の横に急勾配な上げ坂があり、その坂を騎手が乗った馬が一気に駆け上がります。 上まで駆け上がった馬の数や順位で一年の豊凶を占うようです。 境内には、神馬舎があり馬にニンジンをあげることができる日があります。 とても広く静かな境内をゆっくりと歩くだけでも清々しい時間を過ごせます。
  • さっぽろ雪まつり

    さっぽろ雪まつり

    投稿ユーザーからの口コミ
    札幌のお祭りと言えばやっぱりさっぽろ雪まつりですね! 毎年2月上旬に開催されています。北海道を代表する冬の一大イベントです! 会場は大通公園西1丁目から西12丁目まであり、さらにすすきの会場、つどーむ会場と多岐にわたります。 一番人気があるのはやはり大通公園会場ですね。 たくさんの雪像や氷像が並んでおり、会場によってイベントがあったりします。 雪像は緻密で繊細な装飾や、細部まで作りこまれていて感動します。 特に、夜に行くとライトアップされていてとても綺麗です。最近だと、プロジェクトマッピングを使用した投影もあるようですので、より楽しめると思いますよ! ただ、真冬の北海道なのでものすごく寒いです・・・。他県からお越しの場合には、しっかり防寒をして、足元も冬靴で行くことをオススメします。 観光の方が非常に多いので、踏み固められた雪の地面はつるつるで滑りやすくなっていたので、足元にも注意ですよ! 何よりも手足が冷えるので、手足の防寒は必須です! 屋台などであったかい飲み物も売っているので、あったかい飲み物を飲みながら回るのも良いかと思います。 お昼に行くのも良いですが、夜に行くのがライトアップされていてより綺麗ですし、イベントも多く開催されるのでオススメです。 雪像のなかには氷像もありますが、透き通った氷からもれだす色とりどりの光はとっても綺麗です。 どの雪像も大きくて緻密に作られていて見ごたえがありますよ! いつも旅行で行くときは完成した雪像しか見ていないので、実際に雪像作っているところを一度見てみたいですね。 あんなに大きい雪像をどうやって作っているのでしょう。。 テレビでは雪まつりの光景をよく見ていたものの、実際に間近で見ると、本当に感動します。 海外から来られる方も非常に多く、私が行った時も海外の方をたくさん見かけました。 きっと世界的にも有名なお祭りになっているのでしょうね。 まだ未見の方はぜひ一度雪まつりへ行ってみてください!
  • 長崎ランタンフェスティバル

    長崎ランタンフェスティバル

    投稿ユーザーからの口コミ
    長崎県で最大のお祭りです。1年のうちでこのランタンフェスティバルは長崎県内のみならず、県外からも多くの来場客が殺到する人気イベントです。赤を基調としたランタンが町中に広がっており、圧巻です。龍踊や出店もあり、一度は見ておきたいイベントです。
  • びわ湖大花火大会

    投稿ユーザーからの口コミ
    びわ湖大花火大会は、滋賀県でとても有名な花火大会でございます。毎年、8月に開催され、1万発を超える花火が打ちあがります。毎回、たくさんの人が来場されております。
  • 祇園祭

    祇園祭

    投稿ユーザーからの口コミ
    祇園祭は毎年7月に行われている八坂神社の祭礼で、京都の夏の風物詩。その歴史は古く、平安時代に疫病退散を祈願してはじまります。もとは「祇園御霊会」と呼ばれていました。 期間中は様々な祭事が実施されますが、なかでも7月17日の神幸祭りと7月24日の還幸祭に先立って行われる山鉾巡行が見どころです。また、巡行の前3日間は宵山といい、前祭は7月14日から16日、後祭は7月21日から23日。提灯が灯され、「コンチキチン」の囃子で親しまれる祇園囃子が奏でられます。特に、15日・16日は露店が出て、夕方になると歩行者天国になるため、大勢の人々でにぎわいます。前祭と後祭は、一時期一緒に行われていましたが、2014年に後祭が復活し、もとの形で行われるようになりました。 山鉾は山車の一種で、疫病を鎮めるための依り代として作られたと考えられています。祇園祭の山鉾は、大きいもので重さ約12トン、高さ25メートルにもなり、豪華な装飾品が見事です。京都の町を回る巡行のほか、巡行の順番を決める「くじ改め」などの行事があり、これらは「京都祇園祭の山鉾行事」としてユネスコ無形文化遺産に登録されています。 その他、祇園祭といえば粽(ちまき)が有名です。笹の葉で作られたお守りで、祭りの期間中のみ八坂神社で授与されます。「蘇民将来」(そみんしょうらい)の説話にちなんで、「蘇民将来子孫也」の護符がつけられています。蘇民将来の説話は、素戔嗚尊(すさのおのみこと)が旅の途中に宿を求めて蘇民将来を訪ねた際、貧しいながらも真心をこめてもてなされたことに感激し、「蘇民将来の子孫といって、茅の輪を腰に着ければ疫病を免れる」と告げたという話で、『備後国風土記』逸文に残されています。また、宵山の期間中には、各山鉾の町内でも粽が授与されています。 前祭や後祭のときなどは特に人出が多く、身動きをとるのも大変なほどですが、華やかな山鉾は一見の価値があります。一度は見たいお祭りです。
  • 青森ねぶた祭

    青森ねぶた祭

    投稿ユーザーからの口コミ
    東北三大祭りの青森ねぶた祭は毎年8月2日〜7日行わられる祭りで全国から約200万人の観光客が訪れる祭りです。華やかなねぶたが魅力でとともに、衣装があれば、誰でも参加できるのも特徴です。
  • 岸和田だんじり祭り

    岸和田だんじり祭り

    投稿ユーザーからの口コミ
    「岸和田だんじり祭り」は、大阪府岸和田市で9月に行なわれる祭りです。以前、偶然岸和田へ行ったときにお祭りの日と重なって偶然見る事が出来ました。昨年は中止、今年は規模縮小での開催となっているのですが、早く通常の開催に戻ると良いですね。
  • 阿波おどり

    阿波おどり

    投稿ユーザーからの口コミ
    数年前に初めて行きました。阿波市内の中心地で行われるのですが、お祭りの前から町中に踊り子さん達がいて、雰囲気も楽しかったです。 屋台が軒を連ね、連と呼ばれるチームごとに踊りが始まります。移動しながら、色々な踊りを見られるのが醍醐味です。ちなみに、一般の方の飛び入り参加もやっているみたいです(*'ω'*)
  • 博多祇園山笠

    博多祇園山笠

    投稿ユーザーからの口コミ
    こちらのお祭りは博多を代表する奉納行事です。 5年前にユネスコ無形文化遺産されました。 なんと今年で780回目を迎えます。 掛け声が独特でわっしょいではなく、おっしょい!! 以前は国体道路から中州の経路でしたが、明治通りの呉服町から 福岡市役所まで舁き手が山見せします。 期間中は見物客や関係者の方でごった返す賑わいです。 是非、歴史ある行事を堪能くださいね♪
  • 湘南ひらつか七夕まつり

    湘南ひらつか七夕まつり

    投稿ユーザーからの口コミ
    湘南ひらつか七夕まつりは平塚を代表するお祭りで、関東の七夕祭りの中でも有名なお祭りです。 日本三大七夕まつりとしてテレビでも取り上げられるほどです。 豪華な七夕飾りが道路を埋め尽くしていて、以前は5日間開催されていましたが今は3日間開催と短縮されてしまいましたが、それでも変わらずお祭りが開催されている間はとても綺麗で賑やかな雰囲気です。 七夕飾りは毎年の流行を取り入れていて、キャラクターや活躍したスポーツ選手、大河ドラマにちなんだものなど何回見ても飽きないように工夫されています。 大通りだけではなく細い路地にも七夕の飾りがあり、平塚駅から出たらどこを見ても飾り付けられていて歩いているだけで楽しいです。 昼はミス七夕のパレードがあったり、夜になると七夕の飾りがライトアップされて幻想的です。 たくさんの屋台が出店していて食べ歩きも楽しいですが、それだけではなくお化け屋敷なんかもあり家族で楽しめますよ。 お祭り当日はとにかく電車も車も混みます。特に駅周辺は車は立ち入り禁止になっているので注意が必要です。
  • 豊田おいでんまつり花火大会

    投稿ユーザーからの口コミ
    毎年のように行く、豊田のおいでん祭り。 花火が有名で毎年いろんな所から沢山の人が集まる、人気のお祭りです。 夕方6時頃にかけて豊田市行きの電車は大変混み合います。 市街地から一駅離れた場所に車を停め、豊田市駅までは歩いて行くのも一つだと思います。 また、比較的空いている時間を見計らって、早めに向かうなど工夫すると比較的スムーズに行く事が出来、良いと思います。 帰りも同じく、花火が終わると一斉に皆帰られるので、非常に公共交通機関は混み合います。 駅周辺の遅くまでやっているお店で時間を潰してから帰るのもいいかもしれません。 また、交通カードのチャージにも列が出来チャージまでに非常に時間を食う為、予め乗車する駅からチャージしてくる事をオススメします。 今年私は友人と4人で行きました。 花火大会は夜の19時10分から21時です。 早い方は早々に席を取って待っていらっしゃいました。 私は今年友人から花火を見る為の穴場スポットを教わり、中心地から離れた、空いている場所で座って花火を見ました。 駅周辺は人も多く進むのがやっとなところがありますが、屋台に商業施設も揃っていて、とても賑わっています。 暑さをしのぐ際は、近くにある商業施設の中に入って少し体を休めることも出来ます。 周辺の屋台では、毎年流行りの食べ物を中心にお祭りならではの屋台が沢山出ています。 今年はタピオカドリンクやチーズハッドグが沢山ありました。 私も大好きなので買って食べましたが、どこの屋台も人気で少し並びました。 屋台の場所は、駅の周辺にもいくつか出店していたり、少し離れると神社の辺りにも沢山あります。 また、周辺にお住いの方や、飲食店を経営されている方もお祭りの時は出店を出していらっしゃるので、少し路地を入ると空いている場所で美味しいものが買えます。 花火を見る際、場所が確保できれば、レジャーシートを持っていくといいと思います。 夏の始まりでもある為、非常に暑いので暑さ対策も必須です。 花火は毎年とても感動します。 大きな花火はとても迫力があり、夏が来たという実感が湧きます。 豊田スタジアムと打ち上がった花火が同時に映ると圧巻です。 人混みが苦手な方も、穴場スポットを見つけて花火をゆっくり見るのも良いかと思います。是非、夏を楽しみに、来年足を運んでみてください。
  • YOSAKOIソーラン祭り

    YOSAKOIソーラン祭り

    投稿ユーザーからの口コミ
    YOSAKOIソーラン祭りは毎年北海道札幌市で行われるお祭りです。 お祭りと言えば縁日を想像する方が多いかと思いますが、縁日ではなく、踊り子たちが踊りを披露するお祭りになります。 ソーラン節という北海道の民謡のフレーズを使い、手に鳴子を持って踊るのがYOSAKOIソーランです。 毎年参加者は約3万人、観覧客は約200万人と言われ、いまや札幌を代表する一大イベントになっています。 会場は、北海道札幌市中央区にある大通公園近郊をはじめ、札幌市内全域になると、およそ20以上の会場で開催されます。 どこの会場でも参加者や観覧客の熱気があふれていますよ! 毎年、6月の初旬に開催されるのですが、北海道の6月はまだまだ肌寒くありますが、YOSAKOIソーラン祭りが始まると一変します! 人々の熱気で気温も上昇したかのように熱い数日間になります。 私は旅行に行ったときに、ちょうどこのお祭りが開催されていたので、見たのですが、ものすごい熱気と楽しそうに踊る踊り子たちが印象に残っています。 北海道では数日、YOSAKOIソーラン祭りの特番をテレビで放映しているようで、自宅にいながらもその熱気を楽しめるようですね。 みんな汗をかきながら楽しく踊っている姿を見て、踊りというよりは、スポーツに近いものを感じました。 YOSAKOIソーラン祭りではいろんなチームがいろんな踊りを披露するので、お気に入りのチームを見つけて応援するのも楽しいかもしれませんね! 何にせよ、踊り子たちが一生懸命踊っている姿には胸を打たれます。 見ていてこちらも楽しくなってくるので、北海道に6月初旬に旅行へ行く方は一度ご覧になってみてください。 YOSAKOIソーラン祭りのために旅行へ行かれる方もいると聞きましたので、北海道を代表する一大イベントと言っても過言ではないでしょう。 テレビや動画などで見るのも良いかと思いますが、実際にその場の熱を楽しんでみるのが一番良いと思います!
  • 土浦全国花火競技大会

    土浦全国花火競技大会

    投稿ユーザーからの口コミ
    茨城県土浦市で行われる日本三大花火大会のひとつです。 最新の花火が観られるので、関東近郊から多くのお客さまがきます。 道は混むので早めの場所取りが大事になります。 帰りも会場周辺は渋滞するので覚悟は必要ですが、花火大会自体は文句のつけようが無い花火だと思うのでおすすめします。
  • 三社祭

    三社祭

    投稿ユーザーからの口コミ
    浅草でとても大きなお祭りです。毎年このために浅草へ来る方々もいらっしゃいますし、とても楽しみにされてる方が多いです。出店もたくさん出るのでおすすめです。是非行ってみてください。
  • 諏訪湖祭湖上花火大会

    投稿ユーザーからの口コミ
    [諏訪湖祭湖上花火大会]は毎年お盆の時期に諏訪湖畔で行われる花火大会です。諏訪湖ではこの花火大会のほかにも夏休み中の毎週末に時間的には短いですが花火も上がります。湖畔から見る花火も良いですが、湖そばにはホテルも沢山あるので、ホテルの客室から眺める花火も結構良いですよ。
  • 長良川全国花火大会

    長良川全国花火大会

    投稿ユーザーからの口コミ
    長良川全国花火大会は岐阜県岐阜市で開催されます。東海エリア最大級の規模の花火大会で沢山の観光客で賑わってます。駅からの臨時バスもありますが渋滞もありますので早めに出かけるのがいいですよ。
  • 岩倉桜まつり

    岩倉桜まつり

    投稿ユーザーからの口コミ
    岩倉市にある五条川沿で行われる有名なお祭りです。桜名所100選に選ばれており、桜の季節には多くの方が訪れます。ライトアップされた夜桜は本当に綺麗でした。屋台もたくさんあり子供も退屈しないと思います。
  • 長岡大花火大会

    長岡大花火大会

    投稿ユーザーからの口コミ
    長岡大花火大会は8月2日と8月3日に開催される花火大会でございます。見どころは、メッセージ花火です。個人で資金を出して、花火を打ち上げて思いを伝えることができます。
  • おやまサマーフェスティバル

    投稿ユーザーからの口コミ
    小山市の夏といえば、この花火大会です♪ 小山駅のロータリーを出たところからもう出店が並んでいます。 市役所の駐車場が解放されて、座って見れる見物スポットになります。有料席は思川の土手や船から見れるのでかなり近くで見ることもできます! 小さい頃から、見てきた花火ですが大人になってからの方が、じっくり花火を見てしまうというか綺麗だなぁと思うようになっていました♪歳をとったのかななんて思ったりします笑
  • ツインリンクもてぎ「花火の祭典」

    ツインリンクもてぎ「花火の祭典」

    投稿ユーザーからの口コミ
    夏休みに家族でツインリンクもてぎ花火の祭典へ行って来ました。大変な猛暑日だったにもかかわらず、多くの方が見に来ていましたが、指定席を取っていたので快適に花火を見る事が出来ました。花火は今まで見た中で一番最高の花火でした☆
  • 天神祭

    天神祭

    投稿ユーザーからの口コミ
    7月下旬に行われる天神祭奉納花火を見に行きました。天満橋の駅を降りたところからすごい人混み、苦労して歩いて造幣局のあたりまで行きましたが入場規制がかかっていて先へ進めないどころか引き返さざるを得ない状態でした。そのうちに花火がはじまりましたが、音だけでまったく見えない状態が続きます。そのうちにリーガロイヤルホテルのところに出てその中に割って入って何とか花火を見れました。花火は綺麗でしたが、人が多すぎますね。
  • 博多どんたく港まつり

    博多どんたく港まつり

    投稿ユーザーからの口コミ
    5月に実施される博多の祭りで、この時は街がどんたく一色になって盛り上がります。どんたくとはオランダ語で「休日」を意味する「ゾンターク」がその語源となったものだそうですが、博多で、中州で、天神で実に楽しめる休日のひと時が味わえます。とにかくパレードが派手で楽しくて、しゃもじを持って踊る人たちも楽しそうです。
  • 仙台七夕まつり

    仙台七夕まつり

    投稿ユーザーからの口コミ
    仙台七夕祭りは毎年8月6日から8日の3日間に渡って 開催されます。中心街のアーケード商店街には 色取り取りのふき流しが展示され、 観光客の目を楽しませてくれます。 お祭り前夜の8月5日には広瀬川河川敷で 花火大会が催され、多くの見物客が訪れます。
  • 犬山祭

    犬山祭

    投稿ユーザーからの口コミ
    江戸時代から続く、犬山城下にある針綱神社へからくりを奉納するお祭りです。毎年、4月の第一週の土日に開催されます。犬山城下、神社前の広場に並ぶ13輌の車山(やま)は壮観です。一般的には山車(だし)と呼ぶ事が多いですが犬山祭では車山といい、各町内で様々なからくりを有しています。また、宵車山は365個の提灯が灯され城下から名鉄犬山駅前のロータリーまで引廻されていく様は幻想的な雰囲気もありとても綺麗です。 市が観光に力を入れた事もあり城下のお店も、新しいお店が増え、以前の祭りは犬山駅から城下まで屋台が立ち並ぶ祭りでしたが、現在は屋台と観光向けの飲食店両方が楽しめる祭に様変わりしています。 アクセスに関しては、名鉄犬山線、犬山駅もしくは犬山遊園駅のご利用が便利です。犬山駅からお越しの場合は屋台などを楽しみながら、犬山遊園駅からは木曽川沿いを散策しながら桜に浮かぶ犬山城を眺める事が出来ます。 車を利用される方は事前に観光協会などのホームページでご確認することをお勧めします。以前はグランドや成田山の駐車場が解放されていましたが変わっている可能性あります。犬山神社の西側のキャッスルパーキングは祭りの間は関係者駐車場になる為、閉鎖され一般の利用はできません。 丁度、桜の季節になりますので城下を流れる木曽川、郷瀬川の桜並木をゆっくり散策もお勧め。犬山城天守閣から桜と平野を眺めるのも良いと思います。 夜はライトアップされているところもあるので違った楽しみ方が出来ますよ。
  • 川越まつり

    川越まつり

    投稿ユーザーからの口コミ
    10月に川越市で開催される川越まつりです。山車が向かい合って毎年とても賑わうイベントとなっています。屋台も多く並んでいるので、多くの人が行くような祭りとなっています。
  • 秩父夜祭

    秩父夜祭

    投稿ユーザーからの口コミ
    日本三大曳山祭のひとつで、300年の伝統がある秩父神社の例大祭! 初めての観た時は圧倒されました。 4つの屋台が暗くなった町中を動き回る姿がとても綺麗。しかも打ち上げ花火も上がるという演出がとても感動しました!
  • 北海道神宮例祭

    北海道神宮例祭

    投稿ユーザーからの口コミ
    歴史的行事。 北海道神宮例祭。 とにかく人が集まり、盛り上がります。 海外からもゲストが多数こられ全国的にみてもとても有名です。激しくぶつかりあいます。 是非一度行ってみて下さいね。
  • 足利花火大会

    足利花火大会

    投稿ユーザーからの口コミ
    渡良瀬川沿い(足利駅より徒歩5分)で行わられる足利花火大会は歴史が古く関東有数の規模を誇っています。毎年50万人もの人を集める大会でワイドスターマイン・ナイヤガラなど毎年感動しています。
  • 秋田竿燈まつり

    秋田竿燈まつり

    投稿ユーザーからの口コミ
    青森のねぶた祭り、仙台の七夕祭りと並んで東北三大祭りのひとつとされている秋田竿燈まつり。毎年8月上旬に行われています。 参加チームの競技を間近で見るとかなりの迫力があります。 たくさんの提灯が夜空に舞う様子が素晴らしく感動しました。
  • 大津祭

    大津祭

    投稿ユーザーからの口コミ
    大津まつりは、天孫神社のお祭で宵山と曳山の本祭の2日間あります。宵山では、各町内で伝統ある曳山が披露され、お囃子が賑やかに鳴り響きます。子ども達も稽古を重ねて感動のお囃子です。本祭りでは、全ての曳山のからくりが披露され、その度に拍手がおこります。見応えのあるお祭ですよ。
国内旅行・観光の魅力再発見!【いい旅、ふた旅。】
「いい旅、ふた旅。」は、全国の観光施設や名所に関する情報をお届けするブログです。
ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

イメージ画像

ゲストさん

現在の商品ポイント pt

※会員登録するとポイントがご利用頂けます

ゲストさんの投稿数

今月の投稿数 施設

累計投稿数

基本情報

口コミ

写真

動画

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲットしよう!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

月間で300,000pt以上
獲得する人も!

(1ポイント1円でご利用頂けます。)

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。
※すべて商品ポイントが付与されます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。
※商品ポイントは付与されません。